駅モジュール延長部の作成(その11)・地下道と静態保存

2010年12月19日 正午の月齢:13.8  月名:待宵月  潮汐:大潮 月齢:13.8[待宵月] 潮汐:大潮 | 7年前 | 旧暦:2010年11月14日 | 赤口
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は6年以上前のものです。情報が古い場合があります。

端部のカラーパウダー・壁土が乾いてきたので、次の作業へ。地下入口の取り付けと、WIN350静態保存の取り付けです。

まずは入口を取り付け、地下道を作りましょう。

連続穴を開ける

ドリルで連続穴を開けます。

寸法どおりに穴をあける

カッターナイフで12mm×25mmに加工します。

地下入口・取り付け確認

取り付けるとこのようになりました。覗き込むと地下へと続く階段が見えます。

公園側・地下入口

まずは公園側を固定して仕上げました。

さて、WIN350静態保存の周辺に取り掛かります。と言っても、展示場は完成しているので、貼り付けて周囲の処理をするのが主ですけど。

公園側・全体 公園側・全体 公園側・地下入口
展示場の周辺は芝生っぽくするため、若草色のターフを多用しました。撒き方も小綺麗にしています。

雑木林・公園

展示場の後ろのほうは樹木をたっぷりと生やす予定です。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2010/12/station-extention_module11.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。