文化展用合同レイアウト2011(その11)・鉄骨架線柱の塗装

2010年11月20日 正午の月齢:14.3  月名:十五夜  潮汐:大潮 月齢:14.3[十五夜] 潮汐:大潮 | 7年前 | 旧暦:2010年10月15日 | 赤口
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は6年以上前のものです。情報が古い場合があります。

盛土区間の鉄骨架線柱の色があまりに濃いねずみ色なので、以前から気になっていました。

碍子の塗装

このまま放置していても精神的によろしくないので、塗装することにしましょう。

いつもなら全部筆塗りしてしまうのですが、試しに1本塗ってみたところトラス材の部分が塗りにくくて仕上がりも美しくなかったので、手間はかかりますがスプレーで塗ることにします。

マスキング

まずは念入りにマスキング。吹き込まないようにしっかりと・・・

塗装後

色は、プラサフです。隠蔽力があり、近代化架線柱のビームに使っているスカイグレイと似ているので、今回の目的にピッタリ。違和感なく仕上がりました。

塗装後

ねずみ色から灰色になった、という感じです。碍子をもう一度白く塗装したら、ハイできあがり。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2010/11/exhibition-layout2011_11.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。