Windows2000とGDI+について。

2010年09月12日 正午の月齢:4.1  月名:五日月  潮汐:中潮 月齢:4.1[五日月] 潮汐:中潮 | 7年前 | 旧暦:2010年08月05日 | 赤口
Windows2000 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

この記事は7年以上前のものです。情報が古い場合があります。

ニコニコ動画用に簡単・高画質な動画作成において使ったAny Video Converter フリー版をインストールして起動したとき、

gdiplus

という警告が出ました。そのままでも使えるのですが、Platform SDK Redistributable: GDI+からダウンロードしてgdiplus.dllをsystem32フォルダに入れることにより、この警告をなくすことができます。gdiplus.dllは、Platform SDK Redistributable: GDI+からダウンロードしたファイルを実行して任意の場所に解凍後、asms→10→msft→windows→gdiplusフォルダ内にあります。階層が深いですネ。

そもそもGDI+とは、

graphics device interface plus

Windowsでグラフィックス処理を行うGDIを拡張したもの。Windows XPで採用された。従来のGDIに新しい機能を追加し、既存の機能を最適化することを目的としている。

具体的には、GDI+では2次元のベクターデータやイメージを扱う機能を拡充しており、例えば半透明の画像などを重ね合わせるアルファブレンディング機能などを追加している。また、BMPのほかにGIFやJPEG、TIFF、Exif、PNGといった形式の画像ファイルなどが扱えるようになっている。

ITpro

ということで、Windows2000には元々入っていないんですね。またソフトウェアによってはそれぞれのフォルダ内に入っていたりするようなので、これを機会にすべて最新のバージョンにしておいたほうが良いと思います。

  1. Platform SDK Redistributable: GDI+ をダウンロードします。ダウンロードするには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=6a63ab9c-df12-4d41-933c-be590feaa05a (http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=6a63ab9c-df12-4d41-933c-be590feaa05a)

    重要 : Ggdiplus_dnld.exe ファイルをダウンロードするには、[保存] をクリックし、ファイルをデスクトップに保存してください。

  2. [Ggdiplus_dnld.exe] ファイルをダブルクリックし、[Yes] をクリックしてマイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意します。
  3. 画面の指示に従って、すべてのファイルをデスクトップに解凍します。解凍するには、[Browse] をクリックし、[デスクトップ] をダブルクリックし、[Unzip] をクリックします。
  4. 次の手順を実行して、デスクトップから %systemroot%\System32 フォルダに Gdiplus.dll ファイルを手動でコピーします。
    1. [スタート] ボタンを右クリックし、[エクスプローラ] をクリックします。
    2. [デスクトップ] をクリックします。
    3. [Gdiplus.dll] ファイルを右クリックし、[コピー] をクリックします。
    4. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。%systemroot%\System32 と入力し、[OK] をクリックします。
    5. [編集] をクリックし、[貼り付け] をクリックします。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2010/09/windows2000gdiplus.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。