文化展用合同レイアウト2011(その3)・走行実験

2010年09月21日 正午の月齢:13.1  月名:待宵月  潮汐:大潮 月齢:13.1[待宵月] 潮汐:大潮 | 7年前 | 旧暦:2010年08月14日 | 先負
鉄道模型 | 2件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は7年以上前のものです。情報が古い場合があります。

左右に既存のモジュールをつないで、実際に車両を走らせてみました。

走行試験

潜るほうの線路は、ベニヤ板にぴったりとくっついています。このままレールを固定しても問題ないでしょう。超えるほうの線路は、立体交差部分を頂点にしてカーブの部分が浮いています。車両が通るとアプローチのベニヤ板にぴったりと接触するかわりに頂点のあちら側がガバッと浮き上がります。これはレールを固定していないからですが、頂点付近の勾配角の設定に気を使いそうですネ。140mm程度は平坦区間を作るべきかも知れません。

勾配寸法の固定

下り勾配を固定します。2.5mm厚ベニヤ板の端材を20mm×20mmにし、適宜重ねることで様々な高さのスペーサーを作ります。ボンドGクリヤーで接着すれば出来上がり。余分な部分は完全乾燥後に削ることとします。

10V程度の電圧までは問題なく走れました。フルスピードにすると、越えるほうの線路の下り勾配で転覆しました・・・。

さて、現在のところ保存するときはこのように立てかけているわけですが、

保存状態

やっぱりというか当然、ユミコちゃんに見つかってしまいました。ただ反応が意外で「今度はそんなの作るん?」程度の反応。いやいや、これからがスタイロフォームのくずやカラーパウダーで大変になるんだよー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2010/09/exhibition-layout2011_03.html/trackback

2件のコメント

  1. なかなか面白い配線で。
    奥様は怒りを超えてあきれ・・・・

    そういえば直線レイアウトの横は40mmあけて
    たては90mmでよかったですよね。

    OCEAN-283からのコメント | 2010年09月21日 #

  2. あー、仕様については http://susu.cc/container/tm-ex/ を参照してくださいー。

    からのコメント | 2010年09月23日 #

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。