パワーパックに電圧計と電流計をつけるよ(その4)・配線そして完成

2010年08月30日 正午の月齢:20.4  月名:二十日余の月  潮汐:中潮 月齢:20.4[二十日余の月] 潮汐:中潮 | 7年前 | 旧暦:2010年07月21日 | 先負
In できるかな | パワーパックに電圧計と電流計をつけるよ(その4)・配線そして完成 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

外部の加工が終わったので、内部の加工を始めます。

配線の加工

電圧計と電流計を取り付けるために回路を変更します。

回路図の変更

こんな風に追加しました。

計器への配線

他の電子部品と比べると、すごく・・・大きいです。

ケースの再組み立て

スイッチ類を元に戻し、配線を噛まないように組み立てます。

動作確認試運転

動作確認のため試運転してみます。計器の動作は良好。進行方向を切り替えても正しく動作しています。

電圧計・電流計取り付け完成

完成しました。トランジスタ式パワーパックへ電圧計・電流計の取り付け終了ですー。ここまでの費用は1台あたり約3000円(計器以外)+2000円=約5000円というところでしょうか。2台で10000円かぁ。安くはないですが、パワーパックとして欲しかった機能はすべて満たしているし、永く使えそうだし、納得のいく金額ですネ。

地鉄好きさんの「ノッチ式トラコンの製作」が、まるで姉妹品のようです。でもパイロットランプの有無で、機能的に負けました・・・。放熱性では勝ったかな。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

パワーパックに電圧計と電流計をつけるよ(その3)・ケースの加工

2010年08月29日 正午の月齢:19.4  月名:更待月  潮汐:中潮 月齢:19.4[更待月] 潮汐:中潮 | 7年前 | 旧暦:2010年07月20日 | 友引
In できるかな | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

2種類の計器取り付け方法を検討していましたが、加工の難易度や内部構造の複雑さを考えると当初の案で進めていくこととします。

それではケースの加工を始めましょう。

加工位置マスク取り付け

加工位置を決め、他の部分を傷つけないようにマスクします。

連続穴あけによる大径穴の加工

大径の穴を開けるには、連続で小さな穴を開ける方法で加工します。1個目のパワーパックはハンドドリルで加工しましたが、あまりに疲れるので2個目のパワーパックは電動ドリルで加工しました。最初から電動ドリルですればよかったー。

取り付け穴荒加工

穴が抜けたら、やすりでひたすら削って目的の寸法を出します。これが結構疲れる・・・

取り付け穴の仕上げ

加工終了。計器を仮に差し込んでみて、微調整を行います。4隅の穴を少しリーマーで広げました。

計器の仮取り付け

電圧計・電流計を乗せてみました。これでケースの加工は終了です。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

Windows2000 Yarai脆弱性防御購入に乗り遅れた。

2010年08月27日 正午の月齢:17.4  月名:居待月  潮汐:中潮 月齢:17.4[居待月] 潮汐:中潮 | 7年前 | 旧暦:2010年07月18日 | 赤口
In Windows2000 | Windows2000 Yarai脆弱性防御購入に乗り遅れた。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

まだまだWindows2000を使うための秘策、Yarai脆弱性攻撃防御機能 for Windows2000がありますが、個人では買えません。そこでわれらの唯一神・黒翼猫様が救いの手を差し伸べてくれました。

つまり、共同購入。(Windows2000 脆弱性防御を集団購入してみよう)

早速、コメント欄に名乗り出てみたものの、そのことをしばらく忘れていました・・・。

2010年08月21日
yarai for Windows 2000 共同購入について途中経過とそろそろ締め切り

FFR Yarai 脆弱性防御 for Windows 2000の共同購入の締め切り21日の23:59に設定してアナウンスしました。

一旦締め切った後、メールを25:00までに皆さんにしますので、届いてないと言う方はご連絡ください。

また、締め切りすっかり忘れていたって人は明日21:00まではセーフと言うことにしますので、それまでに、申し込んでください。

ええ、乗り遅れました。我が家でビンビン動いているマシンの数を考えて「3ライセンス希望」とかコメントしたにもかかわらず、0ですよ。

まぁ多少の脆弱性くらいではWindows2000を使うのを諦めたりはしませんケド。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>