ハートキャッチプリキュアのEDでかなり好きなシーン

2010年02月27日 正午の月齢:13.4  月名:待宵月  潮汐:大潮 月齢:13.4[待宵月] 潮汐:大潮 | 7年前 | 旧暦:2010年01月14日 | 友引
受想行識 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

たぶん理解してくれる人も多いであろうシーン。

ED(ハートキャッチ☆パラダイス)からそのコマを抜き出してみました。

拳をぐっぐっと降ろすシーンです。何かを溜めてるっぽいところが実に良い。あとは両脚を揃えて左右にジャンプするのも良い!! このあたりは、同様の価値観を持って理解してくれる人も多いはず(と信じています)。

あと、キュアマリンの変身がいいですねー。頭ぐりぐりするところや、パフュームが冷たそうにするところや、ほっぺに手を当てて微笑むところ。実に楽しく変身するのがかわいすぎる。

・・・なんで、こんなに熱く語ってるんだろ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2010/02/hcpced.html/trackback

フォークリフト技能講習を受けてきました。

2010年02月26日 正午の月齢:12.4  月名:十三夜  潮汐:中潮 月齢:12.4[十三夜] 潮汐:中潮 | 7年前 | 旧暦:2010年01月13日 | 先勝
受想行識 | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

「久しぶりに資格が欲しいな。」と思っていたので、日程的にかなり強引でしたがフォークリフトの技能講習に行ってきました。

実はフォークリフトの資格が欲しいと思ったのは7年くらい前に遡ります。スポーツクラブ(スイミングとかボディーパンプしてた)に通っているときに、同じ時間帯によく来る人がいて、雑談しているときにそんな話になって、フォークリフトの講習のテキストをくれたのがきっかけです。そのときは「面白そうだなー。」と思いつつも行動しませんでした。

ところがまぁ会社でいろいろありまして、「もしかしたらフォークリフトの資格を取る機会は今!」と決意してしまい、休みをひねり出しました。

日程は4日間。1日目は学科。最後に試験があるのですが、まじめに講義を聞いていたらまず合格できます。2日目からはいよいよ実習です。見かけは小柄だけど3.5tの車両重量と2tの荷揚げ能力。ディーゼルのAT。いまどきのディーゼルの排気ガスはとても綺麗。最初は後輪操舵の感覚になかなか慣れず、どうしても大回りになってしまうのです。スラロームなどをこなして終了。3日目はいよいよ荷役の操作です。パレットにぴったりとフォークを差し込むのは最初のうちはなかなか難しい。センターのずれは±3cmくらい。最初は空パレットで、次に500kgのコンクリート、最後に1.5tのコンクリートを載せて走りまくるのです。運転の感覚はだんだん慣れてきてもう大丈夫っぽい。4日目は17時から試験があるので、それまで練習です。

エンジンをかけて、走行姿勢にして、左折して、パレットすくって、少し下がって、フォークの奥まで差しなおしてすくって、走行姿勢でバックして元の位置に戻って、直進左折右折右折直進右折して、パレット下ろして、少し下がって、少し浅く差しなおして、元の位置にパレット下ろして、バックでスタートに戻る。試験はやたらと慎重にしたので時間超過で3点減点の97点で合格。

半分くらいの人がフォークリフト運転経験者(無資格)で、中にはやたらと上手い人がいて、その人にコツを聞いたりその人のプレイ(?)を見ていると、とてもタメになります。

1グループに10人なので、1回乗ったら1時間程度待ち時間があります。だんだん日が経つにつれて、待ち時間に雑談で盛り上がってしまうのでした。実に楽しい講習なのでしたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2010/02/forklift.html/trackback

300系初期型のドアが美しい

2010年02月25日 正午の月齢:11.4  月名:十二日月  潮汐:中潮 月齢:11.4[十二日月] 潮汐:中潮 | 7年前 | 旧暦:2010年01月12日 | 赤口
鉄道写真 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

以前はそんなに興味がなかった300系も、よく見るとなかなかカッコイイ!

ドアはやっぱりプラグドアがカッコイイなー。空気力学的にたいした効果がないとしても、ツルペタなボディーの方がスポーティーです。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2010/02/300series-door.html/trackback