津川洋行 デキ3

2009年09月9日 正午の月齢:20.1  月名:二十日余の月  潮汐:中潮 月齢:20.1[二十日余の月] 潮汐:中潮 | 8年前 | 旧暦:2009年07月21日 | 先負
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は8年以上前のものです。情報が古い場合があります。

先日、津川洋行 デキ3が届きました。予約だけしていて、すっかり忘れていたので、何を買ったのか思い出すまでに相当時間がかかりました・・・

パッケージ

小さいパッケージの中に、さらに小さい車両。自走するとは思えません。購入状態では連結器は取り付けられていません。

側面 前面

少し幅が広いものの、いい雰囲気です。レタリングはちょっとにじんだような感じになっていますが、強烈な個性を放つこの車両の前では大した問題ではないです。足周りのぎらつき感を消せば、落ち着くと思います。

車両の比較

他の車両と比較すると、全長の短さがよくわかります。このボディーにモーターを詰め込んであるなんて、何ともすごいですネ。

さて、走らせてみます。TOMIXの緑色のパワーユニットを使ったのですが、1目盛りくらい投入しただけで、ものすごい勢いで走り出しました。初期の電圧印加が穏やかなコントローラーを使う必要がありそうです。

底面

軌間9mmに対して、軸距は8mm。まるでスポーツカーです。片軸駆動のため、進行方向によって挙動が異なり、フロントドライブ状態のほうが安定性があります。と言っても停止時にノーズダイブしますが・・・。リアドライブ状態では、曲線区間で強いオーバーステアが発生し、ドリフトして脱線したりしました。

そこで、25年近く経過する銀色のパワーユニットを使ってみました。

銀色のパワーユニット

初動がいい感じで、ロケットスタートがなくなりました。

まるでネズミかゴキブリのような、面白い挙動を見せてくれます。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2009/09/deki3.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。