トレインスコープ TC-9を台車連動首振りにしたいっ。(その1)

2009年08月11日 正午の月齢:20.4  月名:二十日余の月  潮汐:中潮 月齢:20.4[二十日余の月] 潮汐:中潮 | 8年前 | 旧暦:2009年06月21日 | 友引
鉄道模型 | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は8年以上前のものです。情報が古い場合があります。

RF SYSTEM製のトレインスコープTC-9は、鉄道模型の電車内に組み込める超小型ワイヤレスカラーカメラ。初めて見たときから、大変興味がありました。今まで価格に躊躇して(それでもTOMIXの187系気動車のカメラカーに比べれば格安)購入しなかったのですが、仕事上の環境の変化で悶々とすることがあったので、勢いで買ってしまいました。

トレインスコープ TC-9

早速テレビにつなげてみると・・・まったく映りません。砂嵐が吹き荒れています。初期不良を疑ったのですが、結局うまく給電されていなかっただけでした。綺麗に映りました。

今回はただ搭載するのが目的ではありません。いろいろな走行動画を見るたびに、曲線区間で進行方向を向かないことによる違和感があったので、カメラの角度を台車連動にして首振りさせることが最大の目的なのです。いくつかのサイトで、実際に台車に連動して首振りにしているのを拝見しましたが、これを自分なりの方法で挑戦してみます。

カメラ搭載候補車

カメラの搭載候補をいくつか用意しました。ウイン(?)のキハ55、鉄コレ長野電鉄2000系、写真にはありませんがKATO205系が当面の候補車です。205系はあまり面白くないので、とりあえずボツ。長野電鉄2000系がかわいくて捨てがたいのですが、前面窓中央に柱があるのと、車体幅が狭いことによる首振り角度の制限が厳しいことから、たぶんボツ。キハ55に的を絞って検討することにしました。気動車なのでどんな場所で走らせても違和感ないし、併結相手も自由度が高いし、汎用性があります。

それでは、首振り機構を検討します。(詳細は次回・・・)

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2009/08/tc-9_01.html/trackback

1件のコメント

  1. […] 普段、レイアウトは見下ろすことが多いのですが、カメラカーを走らせるとなると、低い位置からの視界も気になるところです。立ち上がったりしゃがんだりしながら、うーん、うーん […]

    駅モジュール延長部の作成(その4)・建物の配置 | 煤式自動連結器からのピンバック | 2010年05月11日 #

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。