電気自動車「アイミーブ(i-MiEV)」販売

2009年06月6日 正午の月齢:13.0  月名:待宵月  潮汐:大潮 月齢:13.0[待宵月] 潮汐:大潮 | 8年前 | 旧暦:2009年05月14日 | 赤口
受想行識 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は8年以上前のものです。情報が古い場合があります。

三菱自動車は5日、1回の充電で160キロ走れる電気自動車(EV)「i-MiEV(アイミーブ)」を発表した。大人4人乗りで長距離走行も可能 な実用性の高いEVの量産は世界で初めて。09年度は2000台を生産、7月下旬から主に法人向けに販売する。発表会で三菱自の益子修社長は「EVは大気 汚染や脱石油などに応える究極のエコカー。アイミーブがEV普及を加速させる役割を担いたい」と述べた。

アイミーブは軽自動車「i(アイ)」をベースに大容量のリチウムイオン電池を搭載。電圧100Vの家庭用コンセントなら14時間でフル充電が可 能。ガソリンスタンドなどに設置される専用の急速充電器なら約30分で80%まで補給できる。最高速度は130キロで高速道路も走れる。

トヨタ自動車の「プリウス」などハイブリッド車(HV)がエンジンと電気モーターを組み合わせて走るのに対し、EVの動力は電気だけ。走行中、二 酸化炭素(CO2)など排ガスを一切出さない。燃費はガソリンに比べて3分の1程度で、割安な深夜電力を使って充電すれば、1キロ当たり1円で走れる計算 だ。価格は438万円(税抜き)だが、国の購入補助金を加味すると約320万円となる。HVに続く、本格的なEVの登場はエコカー市場を一段と活性化しそ うだ。

i-MiEV

毎日jp 2009年6月5日 10時9分 更新:6月5日 11時57分

ついに、電気自動車の時代に。4人乗れて、160km走れて、130km/h出て、燃費(という表現は正しくないかも。電気代ですね。)は1円/kmで、出力は47kw(約64馬力)という、実に魅力的なスペック。富士重工業(スバル)からも「スバル プラグイン ステラ」が先日発表され、「ランエボvsインプレッサ」に続く新たな「三菱vsスバル」の構図となりました。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2009/06/i-miev.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。