文化展用合同レイアウト(その20)右コーナーモジュール完成

2009年02月22日 正午の月齢:27.2  月名:二十八日月  潮汐:中潮 月齢:27.2[二十八日月] 潮汐:中潮 | 9年前 | 旧暦:2009年01月28日 | 仏滅
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は8年以上前のものです。情報が古い場合があります。

フォーリッジ、フォーリッジクラスタ、ターフ、コースターフを駆使して、山を緑化していきます。山頂の寺の境内はKATOのバラストです。何かこう、バラスト以外の用途にばかり使っています。

寺の境内はKATOのバラスト 山とりあえず完成 内周平地部分を残すのみ

山ができて平地部分に取り掛かります。せっかく買った神社を設置しますが、面積の都合もあって配置はかなり考えました。結果としてはぎりぎり収めることができました。踏切はジオコレから板だけ使用し、標識は自作(文化展用合同レイアウト(その8)第4種踏切を作る)です。海は、波打ち際にもう一度木工用ボンドを追加注入しました。

神社(まだ本殿未設置) 複線電化なのに第4種踏切 波打ち際に木工用ボンド追加

神社の境内も寺同様にバラスト仕上げ。残りの平地部分や橋脚周辺を緑で覆うことができたら、「何とか間に合ったナー」という気持ちになってきました。

夜が明けた頃完成しました

レール側面にレッドブラウンを塗っていきます。いつも思うのは先に塗っておけば作業がラクだろうなということ。でもできないんだな、これが。途中意識朦朧で、関係のないところに色を塗ったりすることが何度かありましたが、一応完成です。時間は朝6時。搬入まであと数時間。ふー。

左右コーナーモジュールの結合テスト

左コーナーモジュールと突き合わせて、寸法のズレを確認します。どうやら大丈夫。実は今回のレイアウトは、駅モジュールを抜いた状態でも情景がつながるようにしてあります。これでも1800mm×600mmの大きさですー。

というわけで、3時間の仮眠を・・・。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2009/02/exhibition-layout_20.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。