WordPressのテーマを小変更。

2009年01月31日 正午の月齢:5.2  月名:六日月  潮汐:中潮 月齢:5.2[六日月] 潮汐:中潮 | 8年前 | 旧暦:2009年01月06日 | 赤口
WordPress | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

久しぶりにデザインのカスタマイズをしてみました。

とはいうものの、ほとんど色を変えただけとも言えなくもないですが。あとは、お問い合わせフォームを独立したhtmlページからWordPress内のページに移したっていうのもあるんですが、あまり目立たない変更点ですネ。

一般的に鉄道ヲタクのウェブサイト(ウェブログを含む)って、トップにででーんと鉄道写真を貼り付けるケースが非常に多いんですが、なんかああいうのダメなんですよ。なんていうか、クサい。写真のサイズだって、640×480とかをそのまま貼っているから、重い。純粋に鉄道に対する愛が深いだけかもしれないけど、周りが見えていない気がします。

当サイト「煤式自動連結器」は、鉄道をメインと謳いつつ、来訪者の検索キーワードはWindows2000とWordPressで3割以上を占めているので、もはや鉄道系サイトではないのかも知れないですー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2009/01/wordpresstheme.html/trackback

Windows2000にIPv6を導入する。

2009年01月29日 正午の月齢:3.2  月名:黄昏月  潮汐:中潮 月齢:3.2[黄昏月] 潮汐:中潮 | 8年前 | 旧暦:2009年01月04日 | 仏滅
Windows2000 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

Windows2000にIPv6を導入する手順の紹介です。

IPv6自体は以前から知ってはいたものの、特に今まで気にしていませんでした。たまたま、業務の都合でIPv6を使ったサービスに出会ったため、ちょっと気になったわけです。というわけで、今後あらゆる家庭電化製品に導入されたときに備えて、Windows2000にIPv6のプロトコルを導入してみます。

Microsoft IPv6 Technology Previewをインストールすればよいということが分かりました。ところが、Googleで検索するものの、なかなかMicrosoft IPv6 Technology Previewを入手できない・・・。Windows2000用IPv6ツールのダウンロードサイトには空しく「The resource you are looking for has been removed, had its name changed, or is temporarily unavailable.」の文字が。 「Windows2000にIPv6を導入する。」の続きを読む。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2009/01/windows2000ipv6.html/trackback

文化展用合同レイアウト(その13)駅モジュール完成。

2009年01月27日 正午の月齢:1.2  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.2[二日月] 潮汐:大潮 | 8年前 | 旧暦:2009年01月02日 | 友引
鉄道模型 | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

何とか人前に晒せる程度に仕上がった駅モジュール。それでは、ご覧ください。

公民館 火の見やぐら 祠

本当は、街外れに神社かお寺を配置したかったのですが、それには幅方向の土地が足りない・・・。そんな時KATOの公民館を偶然見掛けて即購入。かなりの面積を処理できました。余った場所には、神社の一部のお稲荷さんを実装。

なかなか駅前の建物配置が決まらなかったのですが、グリーンマックスの火の見やぐらを中心付近に配置し、線路と平行に商店街を構成。

商店街 商店街外れ 駅舎

幅方向の制約で、自動的にこの道幅になってしまいましたが、結果的にはいい感じに収まりました。ずっと真っ直ぐだと不自然なので、商店街の外れは直線を崩して変化をつけています。

整備員詰所 旧線 清掃員見送り

以前作った部分も少し手直ししました。

線路からの視点 駅モジュール全景 2つのモジュールを並べる モジュール連結部分

左コーナーモジュールと並べるとこんな感じになります。田んぼの色合いが異なりますが、駅の横のイネは早稲の品種ということで。バリアブルレール付近のバラストの遊びが少なく、レールの連結が渋いので、改良の必要があります。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2009/01/exhibition-layout_13.html/trackback