Windows2000(IE6)のJavaScriptを高速化してみた。

2008年12月12日 正午の月齢:14.8  月名:十五夜  潮汐:大潮 月齢:14.8[十五夜] 潮汐:大潮 | 9年前 | 旧暦:2008年11月15日 | 先勝
Windows2000 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は8年以上前のものです。情報が古い場合があります。

またまたWindows2000のハナシ。

さて、Internet Explorer8 betaのファイルで、Windows2000のInternet Explorer6を高速化できるという情報を入手したので早速挑戦してみましたー。

  1. http://download.microsoft.com/download/7/e/8/7e88c69b-77d2-4fd7-b1eb-12c6d89ecc93/IE8-WindowsXP-x86-ENU.exe から、Internet Explorer8 betaをダウンロード。
  2. 「実行」せずに「解凍」する。(Lhaplusの「解凍」を使いました。)
  3. 解凍して出来たフォルダの中から「jscript.dll」を、セーフモードで「C:WINDOWSsystem32」内の「jscript.dll」に上書きする。(一応オリジナルは別の場所にコピーしておきました。)
  4. [ファイル名を指定して実行]→[regsvr32.exe jscript.dll]→[OK]。

JavaScriptの表示が高速化するので、ほとんどのページで表示が速くなるということなのですが…全然体感できていません。Ajaxな地図サイトでもイマイチ効果が見えず。Firefoxばかり使っているので、実はあまり嬉しくないです。

興味がある人だけお試しくださいネ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2008/12/ie8jsdll.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。