文化展用合同レイアウト(その9)右コーナーモジュール制作開始(まずはトンネル)

2008年11月19日 正午の月齢:21.5  月名:二十二日月  潮汐:小潮 月齢:21.5[二十二日月] 潮汐:小潮 | 9年前 | 旧暦:2008年10月22日 | 先勝
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は9年以上前のものです。情報が古い場合があります。

先日スタイロフォームを購入したので、早速トンネル作りに挑戦したところ、2時間くらいで玉砕しました。ペタペタと貼っただけではどうもダメのようです。シンプルなトンネルならいいのですが、勾配や立体交差が絡み合ってて、きちんと設計してからでないとスタイロフォームの屑が増えるだけです。

とりあえずスタイロフォームを貼ってみた

そこで、トンネルポータルの位置決めと勾配の数値化から取り掛かります。これを何枚か印刷して等高線を描き、立体的な完成図をイメージしていくことにしました。

右コーナーモジュール勾配と配線

トンネルの内部は入り口から150mm程度作りこむケースが多いようですが、カメラつき車両の走行にも耐えるようにトンネル区間全線の内壁を作りこみたいナ、と現時点では考えています。今日はここまでー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2008/11/exhibition-layout_9.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。