昭和62年の500円硬貨

2008年11月29日 正午の月齢:1.8  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.8[二日月] 潮汐:大潮 | 8年前 | 旧暦:2008年11月02日 | 赤口
In 受想行識 | 昭和62年の500円硬貨 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

昭和62年の500円硬貨

今日は実家に立ち寄った際に、10年間溜め込んだ500円貯金を開封するというので、数を数えるのに協力しました。合計金額は255000円だったのですが、そのうちの1枚が昭和62年のものでした。 未使用というわけではないですが、状態もかなり綺麗です。早速価値を調べてみると・・・1500円から2000円くらいのようです(未使用じゃないから何とも言えないケド)。とりあえず使わずに持っておきますー。 使ったら普通に500円だからネ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

583系の隅のほう

2008年11月23日 正午の月齢:25.5  月名:二十六夜  潮汐:若潮 月齢:25.5[二十六夜] 潮汐:若潮 | 8年前 | 旧暦:2008年10月26日 | 大安
In 鉄道写真 | 583系の隅のほう はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

「隅のほう」シリーズ・第2弾。

以前、何かの資料に役立つだろうと思って撮り貯めた583系の寝台部分を晒してみます。本当は、B寝台のセットマニュアル(著者:煤)も公開したいのですが、あまりにも露骨に写真つきで詳細に手順を説明しているので、マニアさんがいたずらしたりすると困るので公開できません。583系が全廃したときにお見せしたいと思います。(なんとボクが作ったマニュアルが各地の整備会社に行き渡って使われているらしい・・・お役に立てて光栄です。)さて・・・

東西2色の583系

2色並んだ583系。重厚感のある屋根がいいですね。こんなでっかい車両が1067mmのゲージの上を走るわけですから、なんか不安定な感じもしますケド。

計器 運転席

話を聞いたところ、運転経験者にとっては只の重い車両に過ぎないということです。走らない・止まらない。いい思い出は無いということです・・・運転台も国鉄特急そのものです。

上段寝台

「広い・安い・眺望がいい」と評判の下段寝台と対照的に、「狭い・怖い・眺望悪い」と3重苦の上段寝台。実際に寝てみると、屋根のRに圧迫されそうです。不用意に頭を上げると屋根に頭をぶつけるし、うっかり通路に落ちると大怪我しそうです。この写真は、カーテンが全く無い状態で撮影しているので(車内の)見晴らしが良いですが、実際は何も見えませんー。クーラーの音をたっぷり聞けます。さらに揺れます。荷物置く場所もありません。・・・って、まるでいいところがないみたい。いいところ・・・うーん、セキュリティーが高いと言えるかな。(写真に写っている足は煤のものです。)

中段をおろした直後 荷棚を下ろした状態 上段・中段寝台状態

マニアさんはご存知でしょうが、中段寝台の上げ下ろしの際には荷棚(網棚? でも、網じゃないし。)をいったん跳ね上げます。上段がちょうど荷棚の高さになります。こんな写真はおそらく大量には出回っていないと思うので、海亀の産卵シーンより貴重かも知れません。中央の写真は中段が下ろしてあるけれど上段はまだ下ろしていない時のものです。中段寝台は下ろすときも大掛かりですが、上げるときは重くて大変! ストッパーが掛かるまで一気に押し上げないと、また下りてきます・・・居住性比較として、A寝台・グリーン車の写真も掲載します。

ロネ上段 ロネ全景 グリーン車

さすがに2段A寝台なので、上段もゆとりがあります。寝台幅もたっぷり。(荷物が)多い日も安心。写真ではわからないですが、枕も毛布もB寝台とは別物です。座席にしたとき(上段収納時)もボックス間の仕切りはそのままなので、セミコンパートメントな香りが漂います。グリーン車は無駄に高い天井がかえって落ち着かない・・・包まれ感が無さすぎですね。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

文化展用合同レイアウト(その10)汚物カセットのコンテナを作ってみた

2008年11月21日 正午の月齢:23.5  月名:真夜中の月  潮汐:小潮 月齢:23.5[真夜中の月] 潮汐:小潮 | 8年前 | 旧暦:2008年10月24日 | 先負
In 鉄道模型 | 文化展用合同レイアウト(その10)汚物カセットのコンテナを作ってみた はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

またまたループ線造形から逃避して、別のものを作ってみました。今回のメニューは「汚物カセットコンテナ」。とてもマイナーなアイテムなので、今まで模型化した例は見たことも聞いたこともないです。一般にはまったく縁のない、車両基地の片隅にあるレアアイテムを再現してみます。

そもそも汚物カセットとは・・・最近の車両のトイレによく採用されている汚物処理の方式です。水分は消毒して車外に捨て、濾過した固形分だけをカセット内にためます。当然車両基地ではそれを交換するわけですが、交換後のカセットは専用のコンテナに保存し、一定数がたまったところで、業者さんが持っていきます。というわけで、汚物カセットの交換を行う車両基地には、こんなコンテナがあります。

汚物カセットコンテナ・実物 汚物カセットコンテナ・実物 汚物カセットコンテナ・実物

これを模型化してみましょ。

汚物カセットコンテナ・加工途中 汚物カセットコンテナ・加工途中 汚物カセットコンテナ・加工途中 汚物カセットコンテナ・加工途中

素材は0.5mmのプラ板(亀師匠からもらった廃材なので材料費0)。今回もほぼ脳内設計図で済ませ、ホイホイと接着した後パテで隙間を埋めてプラサフを一吹き。あまり細かい部分にはこだわらず、なんとなくムードが出ていればヨシとします。(踏切のときと逆のこと言ってるきがしないでもないケド・・・)

汚物カセットコンテナ・完成 汚物カセットコンテナ・完成 汚物カセットコンテナ・完成

びゃーっと塗装して完成。色も塗りもそんなに細部にはこだわっていません。大事なのは雰囲気と存在感でしょ。元々、レイアウトの中にあってもなくてもいいようなモノなので、知っている人だけがニヤリとしてくれればいいかなーと思っています。ランナーを削り出してカセットを作ったりするのは、またヒマな時にー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>