レイアウト制作のリハビリテーションのためのレイアウト(その6)

2008年09月16日 正午の月齢:16.7  月名:立待月  潮汐:大潮 月齢:16.7[立待月] 潮汐:大潮 | 9年前 | 旧暦:2008年08月17日 | 赤口
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は9年以上前のものです。情報が古い場合があります。

せっかくの3連休だけど、真綾が高熱を出して何もできず。というわけで、自作建物のための資料収集です。

タクシー営業所

まずは「タクシー営業所」。GMのキットも売っています(いや、タクシー営業所はKATOで、バス営業所がGMかな・・・)が、別にキットを買う必要もないかなー、ということで自作なのです。キット買うっていうのも結構高いしネ。これは厚紙で充分作れそうと判断しました。タクシーを用意するほうがお金かかりそうー。さて、次は「文化住宅」。文化住宅と言っても、関西人以外はピンと来ないかも知れないです。ここでいう文化住宅とは、「住宅が不足した高度経済成長期に、大都市圏で大量に建設された2階建ての木造集合住宅の関西特有の呼称」のことですー。つまり「長屋型木造アパート」ですね。

文化住宅 文化住宅 文化住宅 文化住宅 文化住宅 文化住宅

文化住宅には、33年前に暮らしていたことがあるのですが、もちろんそんな記憶は忘却の彼方。ところが我が家の近所にはポツポツと文化住宅があるので、資料集めには困らないです。さて、果たしてこの雰囲気を再現できるか。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2008/09/rehabilitation-layout_6.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。