デスクトップパソコン全塗装

2008年08月31日 正午の月齢:0.7  月名:新月  潮汐:大潮 月齢:0.7[新月] 潮汐:大潮 | 9年前 | 旧暦:2008年08月01日 | 友引
ハードウェア | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

以前、会社の老朽化パソコンを全塗装したときの写真を見つけました。画像ファイルのタイムスタンプを見ると、今から2年前。んー月日の流れは速いですねー。

パソコン全体

パーツをバラバラに分解して、勤務終了後にビルの屋上で部品を1つずつ塗装。モニターもバラバラに。マスキングするの面倒だし。

本体 キーボード マウス モニター付け根部分

タバコのヤニで黄ばんで汚かったNEC MA66がすっかり変身。「青緑(サバンナグリーンだったかな? ピーコックグリーンだったかな? 忘れた)」以外に、塗色の候補は「ぶどう色2号」「橙色」「つや消し黒」も考えていたのですが、機械色といえば淡緑色。それに近い色ということで、青緑にしました。ミッドセンチュリーなデザインも意識しています。色の選定理由はそんな感じ。

老朽化で廃棄になるはずが全塗装で古さが隠れてしまって、このパソコンはその後もしばらく使われました。モニターは今でも現役ですー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2008/08/pc-allpaint.html/trackback

新宮出張のついでに・・・

2008年08月26日 正午の月齢:25.1  月名:二十六夜  潮汐:若潮 月齢:25.1[二十六夜] 潮汐:若潮 | 9年前 | 旧暦:2008年07月26日 | 友引
鉄道写真 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

新宮出張のついでに、空き時間で撮った写真です。えーと、去年の11~12月くらいかな。ぜんぜん新鮮じゃないですが。しかし、新宮はいいトコだわ。空気がやわらかいしあたたかい。

新宮駅構内 廃機関車庫 新宮駅構内 コンテナ

レールを剥がされた機関庫と、敷地の片隅にある禁断のコンテナ。亀山も同じようにレールを剥がされた機関庫と、敷地の片隅にコンテナがあったなぁ。こういうの無視できません。なんか気になるんです。よし、今作りかけの鉄道模型レイアウトで再現してみよー(と今思った)。

新宮駅 DD51 新宮駅 貨物列車

DD51の色違い2両と、貨物列車の写真ですが、3月のダイヤ改正以降新宮には貨物列車は入ってこなくなったはずなので、この貨物列車の写真はほんの少しプレミアム度が上がったかもしれません。・・・いや、あまり上がってないかも。

キハ11座席 キハ11前面

そのままオーシャンアローで帰ってもいつもどおりで面白くないので、名古屋経由で帰ることにしました。特急料金をケチるため、途中までは普通列車で。だんだん外は暗くなって・・・。「南紀」初体験。でもワイドビューな車窓には日没後の冬の漆黒が。まともに85系撮ったのは初めてかも知れないです。82系の「南紀」は写真1枚だけ持っています、たぶん。

85系前面 85系前面(貫通) 85系窓枠・肘掛周辺 85系通路部分

窓枠はFRPですが、一応ペットボトルが置ける親切(?)設計。座席部の床は1段高くて、ワイドビューに一役買ってます。(真っ暗だったけどさ。)

383系前面 383系前面(貫通) 383系側面

なんとなく似ている383系も撮影。383系もまともに写真撮ったことないなぁ。っと思ったら、「ちくま」1回だけ撮った記憶がありました。383系は側面がヨーロッパの車両っぽい。たぶんショルダー部分の曲げがそう思わせるのでしょう。というわけで、紀伊半島1周しちゃいました。名古屋経由の交通費の差額はちゃんと自腹ですから。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2008/08/shingu.html/trackback

露シリーズ・増備。

2008年08月17日 正午の月齢:16.1  月名:立待月  潮汐:大潮 月齢:16.1[立待月] 潮汐:大潮 | 9年前 | 旧暦:2008年07月17日 | 大安
デザイン | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

10年前、1人暮らしを始めるときに買い揃えた「露シリーズ」。幻のカトラリーなんて呼び方もあるようですが、 当初はただ「なんて綺麗なデザインの食器なんだーっ。」て思いしかなかったです。1988年登場ということなので、そのとき既に発売されてから10年経っていたんですね。決して安くはないですが、デザイン料です。高くて当然。(でも気に入ったから買う。)

スプーン・フォーク・ナイフ 全体写真

とにかく美しい。持ち手部分のマット仕上げはきめ細かく、凹凸がないため洗いやすくて清潔感もあり、医療器具のようでいて、貴金属のような、なんとも言えない美しさを持つデザインなんです。ぜひこのデザインに萌えて下さい。

スプーン・フォーク・ナイフ 先端部拡大 スプーン・フォーク・ナイフ 持つ部分拡大

当時何本買ったのかはっきり思い出せないケド、買ったのはバターナイフ1本・ディナースプーン2本・ディナーフォーク2本・ディナーナイフ2本・メロンスプーン2本のはず。2本ずつというのは、自分用と彼女用ということで。これを御馳走の時だけでなく、今でも普段から酷使しています。

さて、10年前の彼女はそのまま妻となり、家族もいつの間にか5人になり、「愛すべきデザインのカトラリーを家族の人数分揃えてみよう。」と考えました。あれから10年、店頭では見かける機会も以前に比べて減りましたが、10年前と違うのはインターネットで入手できること(実は10年前もネットで買えたのかも知れないけれど)。当時と変わらないデザインのまま今でも買えるのは嬉しいですネ。ディナースプーン・ディナーフォーク・ディナーナイフを5セットにしようと思い、現在2本ずつ持っているので、必要なのは3セット。ネット上から注文しました。

5日くらいで到着して確認。ユミコチャンに「家族分揃えたよー。」と言うと意外な反応。「えー、前から4つずつあるから、全部で7セットになったでー。」・・・ひー知らんかった。ホントに知らない間に2セット買い増ししてたみたい。んー、でもどのタイミングで買ったのか、さっぱりわかりませーん。というわけで、7人家族になっても「露シリーズ」で食事できます。今のところ(っていうか今後も)家族の増備計画はありません。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2008/08/tsuyu-cutlery.html/trackback