Windows2000にMovie Maker 2.6をインストールしてみた。

2008年05月20日 正午の月齢:15.0  月名:満月  潮汐:大潮 月齢:15.0[満月] 潮汐:大潮 | 9年前 | 旧暦:2008年04月16日 | 先勝
In Windows2000 | Windows2000にMovie Maker 2.6をインストールしてみた。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

Windows2000信者続行中ではあるけれど、XPの機能の中でいいナと思ってしまうもののひとつ、Windows Movie Maker。ところがつい先日有用な情報を見たので早速挑戦してみましたー。

217 :名無し~3.EXE:2007/05/21(月) 07:00:40 ID:+/d+/6Mv

ムービー・メーカー2.6をXPで使いたいんだけど、方法わかる香具師いる?Vistaじやないとインスコできないんです(~_~;)

219 :名無し~3.EXE:2007/05/22(火) 15:39:05 ID:CeLF8ag+

>>217インストールできたよ。msiの単純なバージョンチェックだから、orcaでMM26_JPN.msiを開いてLaunchCondition→「VersionNT = 600 This product only runs on Windows Vista」の部分を削除

以下、実際にやった手順です。

  1. まずは、Movie Makerの入手。MicrosoftのサイトからMovie Maker 2.6をダウンロード(MM26_JPN.msi)して、適当な場所に保存しておきます。(別に最初でなくてもいいケド)
  2. msiの改変のため、orcaを入手。Windows Server 2003 SP1 Platform SDK Web Installからツールをダウンロード。いきなりorcaは手に入りません。
    Windows Server 2003 SP1 Platform SDK Web Install
    CPUに合ったものをダウンロードしてくださいネ。ダウンロードしたら、インストールします。深く考えずにサクサクと。
  3. C:Program FilesMicrosoft Platform SDKBinフォルダ内orca.msiをインストールします。これもカスタムなしで黙々とインストール。
  4. スタートメニューのプログラムにorcaが登録されます。orca
  5. orcaを起動して、File→Open→MM26_JPN.msiを開きます。
  6. LaunchConditionの「VersionNT = 600 This product only runs on Windows Vista」の部分を削除します。
    orcaでmsi改変
  7. Saveで上書き保存。
  8. 改変したMM26_JPN.msiを使ってMovie Maker 2.6をインストールします。

これで、Windows2000にMovie Maker 2.6をインストールすることが出来ました。・・・しかし。Movie Maker 2.6を起動すると、こんなエラーが。「プロシージャ エントリ ポイント SHParseDisplayName がダイナミック リンク ライブラリ SHELL32.dll から見つかりませんでした。」

エントリポイントが見つかりません。

Windows XP以降のShell32.dllでないと呼び出せない関数みたいです。ひーん。無理矢理Windows XPのShell32.dllをぶち込んでみようかとも考えたのですが、とても危険な香りがしたので代替策を模索。Windows2000 to XP API Wrapper Packなるものを見つけました。あんまり詳しいことは理解できていないのですが、dll検索ルートに1枚噛んで、XPのような機能を発揮するみたいな。解説も英語ばかりでホントよくわかっていません。久しぶりにregedt32を使ったり(regeditはたまに使う)して、実験。結論。壊したくないのであきらめました。ラッパーdllについて詳しい人いましたら、フォローお願いします。とにかく今回はこういう結果でフィニッシュしておきます。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

AVG 8をリンクスキャナなしでインストール

2008年05月15日 正午の月齢:10.0  月名:十日余の月  潮汐:若潮 月齢:10.0[十日余の月] 潮汐:若潮 | 9年前 | 旧暦:2008年04月11日 | 友引
In ソフトウェア | AVG 8をリンクスキャナなしでインストール はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

AVG Anti-Virus Free Edition 8.0をインストールしました。

重要なお知らせ

別にAVG 7.5でまったく問題なかったんだけど、アップデートされなくなるんだったら仕方が無いです・・・。ただし、Pentium III 500MHzでメモリ128MBのメビウス様には負荷の増大は禁物。いろいろ調べてからのインストールです。どうも調べると「リンクスキャナ」なるものがウザイらしく、ブラウジングが不安定になったりタスクトレイのアイコンにエラー表示が出たりして美しくないのでリンクスキャナを入れないようにインストールすることにしました。まずはAVG 7.5をアンインストール。

AVG 7.5のアンインストール

ダウンロードしたexeファイルをC直下に置いて・・・

c:avg_free_stf_all_8_100a1295.exe /REMOVE_FEATURE fea_AVG_SafeSurf /REMOVE_FEATURE fea_AVG_SafeSearch

ファイル名を指定して実行で、パラメータをつけてインストール。これでリンクスキャナはインストールされません。さて、インストールウィザードを進めていくと、身に覚えのない警告が出ました。光学ドライブが無いパソコンにライティングソフトなんて入れないのですが。うーん。

なぜかエラー エラーの原因をレジストリで確認

レジストリを確認すると確かにキーがありました。Windows Media Playerが関係あるみたいです(違うかもしれないケド)。とりあえず無視してインストール続行。

コンポーネントの確認

こんな感じの構成です。そしてインストール完了。リンクスキャナの無効化ではなく、最初から入れないので、気分爽快でございます。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>