指定方向外進行禁止の標識の機能とデザイン

2007年09月26日 正午の月齢:14.9  月名:十五夜  潮汐:大潮 月齢:14.9[十五夜] 潮汐:大潮 | 10年前 | 旧暦:2007年08月16日 | 大安
デザイン | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は10年以上前のものです。情報が古い場合があります。

長年思っていた悶々を書いてみましょ。普段目にする道路標識。その中のひとつに指定方向外進行禁止っていうのがあります。免許持っている人は当然知っていますよね。

指定方向外進行禁止

こんなのとか、中には複雑な、

指定方向外進行禁止

こんなのがあります。基本的には、「矢印の方向にしか進んではいけない」という単純明快なルールです。自分の現在位置が標識の下側、前方が標識の上側に見立てられているわけです。さて・・・

指定方向外進行禁止・・・

これ。これじゃあ「左斜め後方にしか進めない」みたい。もちろん、ちゃんとした標識の意味は理解していますが、それゆえに疑問というか、納得のいかないものが。「右側でなく、左側を通れ」っていう意味なんだから、このデザインは明らかにおかしい。「矢印の方向にしか進んではいけない」という法則に反しているじゃないか・・・。そこで、法則に則ったデザインに勝手に修正してみました。

理想的な指定方向外進行禁止

えいっ。これで、「右側ではなく、左側を通らなければならない」んだな、と明らかにわかり、他の指定方向外進行禁止標識と機能デザインの整合性が確保できます。最初に

指定方向外進行禁止・・・

のデザインを考えた人は大いに反省してください。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2007/09/road-sign.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。