滝見小路

2007年07月27日 正午の月齢:13.0  月名:待宵月  潮汐:大潮 月齢:13.0[待宵月] 潮汐:大潮 | 10年前 | 旧暦:2007年06月14日 | 先勝
受想行識 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

空中庭園というか、スカイビル。(新梅田シティとはあまり言わないし聞かない)

スカイビル

地下1階の「滝見小路」。できてから10年以上経つ気がしますが、案外まともな写真を撮っていなかったので、改めて「滝見小路」の写真を撮影してみましたー。デザインのお勉強として、いろいろと参考になります。こういう昭和レトロ好きなんですよ。家の中も昭和レトロものばかり・・・手持ち・ストロボ無しでの撮影は、やはり手ブレが発生しやすく成功率が落ちますなぁ。

滝見小路・入口

スカイビル内からの滝見小路入り口。白い石の空間の奥に明らかに空気が違う世界が見えております。

ダイハツミゼット 交番

いい・・・。実にいい。

琺瑯看板「特級マルサン煉炭」 「味の素」ポスター

当時のものではないものの、とてもよく再現されている広告たち。現在の感覚では考え付かないデザイン。

店舗外観・その1 店舗外観・その2 たばこ屋

映画のセットのような町並みに、何度訪れても「よくできてるなー」と思ってしまいます。実際に営業している店があるところがこれまたステキ。けど、どの店にも入ったことナイです・・・。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2007/07/takimi-koji.html/trackback

公衆電話とピンクの電話

2007年07月21日 正午の月齢:7.0  月名:弓張月(上弦)  潮汐:小潮 月齢:7.0[弓張月(上弦)] 潮汐:小潮 | 10年前 | 旧暦:2007年06月08日 | 先勝
受想行識 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

どんどんなくなる公衆電話。公衆電話については、鉄道のある風景weblog「紹介>公衆電話・電話ボックス」でも取り上げられています。

電話を掛ける・受けるのは今でもあまり好きではないのですが、機械としての電話機は子供のころから大好きです。しかし、最近見かける電話はせいぜい緑電話・灰電話・橙電話。以前は青電話・黄電話・赤電話もあり実に華やかでしたが、いつの間にかそれらは消えてしまいました。中でも青電話は独特の青色で(しかし機能はショボい)、不思議な魅力がありました。数も少なかった気がします。赤電話はたばこ屋のシンボルだった気が。

さて、純然たる公衆電話でないピンク電話。「今のうちに」と思い、写真を撮っておきました。

ピンク電話

サイズはでかいですが、機能としてはダイヤル電話と硬貨収受の機能しかないシンプルなものです。ピンク電話の現金収受のデータはADSLと干渉するため、ADSL回線にピンク電話は取り付けられません(と、以前営業所の電話工事の際にNTTに言われた)。ダイヤル式電話を使ったことがない人もいるご時世ですから。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2007/07/pink-phone.html/trackback

新型お召し列車について

2007年07月9日 正午の月齢:24.4  月名:二十五日月  潮汐:長潮 月齢:24.4[二十五日月] 潮汐:長潮 | 10年前 | 旧暦:2007年05月25日 | 大安
鉄道記事 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

ついに出ました、新・お召し列車。

JR東日本が持つ皇室専用「お召し列車」の新型車両がほぼ完成、メーカー側から都内のJR車両基地に引き渡された。現在の特別列車は最長70年が経過、同社が世代交代を検討していた。秋以降に運用が始まり、一部車両は一般向けにも走らせる。JR東日本が新たに開発した特別列車=5日、JR大宮駅で濃い茶色に金色の3本線が走る外観の電車。1両が皇室専用。残り5両は「ハイグレード車両」と呼ばれる随行員用で、一般向け豪華電車にも使われる。JRによると、最高時速130キロで、通路を挟んで2列と1列のゆったりした座席配置。東急車両製造が造った。

新型お召し列車

asahi.com 新「お召し列車」お目見え 秋以降に運用開始」より引用

この写真を見る限り、皇室専用列車の風格が感じられず、黒いジョイフルトレインに見えてしまいます。デザインはもっと濃い(銀河鉄道999のエメロード1号を黒塗りとか・・・)ものにするか、または桂離宮のような和の落ち着きを感じさせるものか、とにかく、「おほー、これぞ陛下の御車」と思わず溜め息をつきそうな風格にしてほしかったものです。と言いつつ、実物を見たら案外いーじゃんすげーじゃんと思うかも知れないケド。景色が映りこんで写真は撮りにくそうですね。「偽善気分誌」・「撮り鉄にっき。」にはさらなる写真が。「淡海の国から on blog」によると、E655系というそうで。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2007/07/new-royal-train.html/trackback