ANGELBEに行ってきました。

2007年01月30日 正午の月齢:11.3  月名:十二日月  潮汐:中潮 月齢:11.3[十二日月] 潮汐:中潮 | 10年前 | 旧暦:2006年12月12日 | 大安
In 受想行識 | ANGELBEに行ってきました。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

2006年12月23日にオープンした、大阪駅の有料パウダールームANGELBE。1時間以内の利用で300円。高いか安いかは判断の分かれるところですが、はっきり言って高くはないです。彼氏と会う前の化粧直し兼待合室にぴったり。そんな女性専用の秘密の園に行ってきましたー。男子禁制です・・・。

入口とシャンデリア 入口と飾り棚 入口全景

飾り棚とシャンデリアが、ラウンジのような雰囲気を醸し出しています。はじめ想像していたよりもずっと豪華な感じでビックリしました。

入口の飾り棚 入口の飾り棚

ガラスの器に照明が当たって、とても綺麗。

化粧台 壁側間接照明 陳列棚 下着の見本

化粧スペースはシンプルですが、ごちゃごちゃしているよりもこれくらいがいいと思います。もちろん、必要な道具(ドライヤーなど)は棚に用意してあり、歌舞伎やホラー映画の特殊メイクでもしない限り快適にメイクアップに専念できます。下着のミニチュア(?)もありますが、勝負下着の見本なのかな?

中央のシャンデリア 喫煙室

アナスイのような黒と紫の天井。電球色の間接照明、小径ハロゲンダウンライト。喫煙室もとても綺麗です。脱臭だけは徹底的にして、喫煙室外にニオイが出ないようにしてほしいですね。(今はまだ新しいので、ニオイは漏れてきませんが)

洗面台間接照明 洗面台

モザイクタイルで装飾された洗面台。結構広いです。我が家にもこんなインテリアを取り入れたいーっ。さてさて、トイレの扉開けると・・・「アッー!」と、ビックリ。便座が勝手に・・・

トイレ トイレの操作盤 洗面台蛇口

なんかもう「便所」なんて呼べるものではなく「トイレッティングシステム」みたいになっていますー。結論。もっと知名度が上がると、お客さんも増えそうな気がします。あとはこの綺麗さをずっと維持してほしいですネ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

ユニバーサルシティ駅

2007年01月23日 正午の月齢:4.3  月名:五日月  潮汐:中潮 月齢:4.3[五日月] 潮汐:中潮 | 10年前 | 旧暦:2006年12月05日 | 仏滅
In 鉄道写真 | ユニバーサルシティ駅 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

ユニバーサルシティと書きながら思うこと。ユニバーサルシティーではなくユニバーサルシティなんだなぁ・・・。日本語的にはシティーと表記するほうがふさわしい気がするけれど、英語的発音としてはシティのほうが正しい気がするし・・・うーん。それはさておき、ユニバーサルシティ駅の写真をいろいろと撮ってみました。

駅名標

建築物としてのデザインがとても綺麗な駅なので、以前からお気に入りなのですが、案外駅の写真って撮らないんですよね。改めて見てみるとやはりいいデザインしています。単線非電化田園風景には絶っっ対似合わないですが、ユニバーサルシティはちゃんと似合う風景の中に建てられています。

屋根 コンコース(改札向き) コンコース(CAFE DECK向き) コンコース(改札向き)

布(?)と鉄骨によって大胆にデザインされた屋根。しかし台風のときは雨やゴミが容赦なく入ってきて、清掃の人は泣きたくなる・・・とか。

2番線階段付近 CAFE DECK トイレの壁

見晴らしのよい喫茶店は何故か営業休止。トイレの壁の色とコーナーのRと白色ダウンライトが清潔感を演出。

長椅子 梁 アンカー部分

長椅子も鉄素材、梁はテーパーのついた鉄骨、屋根を張るアンカー。無機的でカッコイイ!

出口(USJ側) 出口(USJ側)

表玄関はUSJの香りプンプン。他では見られない個性的な駅前商店街です。

出口(道路側) 出口(道路側)

裏口は、パッと見て駅なのかどうか、そして入口がどこなのか、さらに何と言う駅名なのか、まったく主張していません。いろいろな意味で、変わっている駅のひとつです。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

シュプール号の踏み絵

2007年01月12日 正午の月齢:22.9  月名:弓張月(下弦)  潮汐:小潮 月齢:22.9[弓張月(下弦)] 潮汐:小潮 | 10年前 | 旧暦:2006年11月24日 | 仏滅
In 鉄道写真 | シュプール号の踏み絵 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

シュプール白馬・栂池 シュプール白馬・栂池 リゾート白馬

この冬はとうとうシュプール号が運転されませんでした。だからというわけではないのですが、新大阪駅でシュプール号の残り香を撮影しておきました。鉄道写真・・・と言えるかどうかは微妙ですぅ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>