2006年締めくくり・萌え鉄道建築物

2006年12月31日 正午の月齢:10.9  月名:十日余の月  潮汐:若潮 月齢:10.9[十日余の月] 潮汐:若潮 | 11年前 | 旧暦:2006年11月12日 | 仏滅
鉄道写真 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は10年以上前のものです。情報が古い場合があります。

さて、今年も趣味と実益を兼ねた1年間でしたが、あまり知られていない(というか、普通の人にとってはどうでもいい)何度見ても萌えるポイントを2つ紹介しますー。

寺田町駅改札付近

大阪環状線寺田町駅南口の自動券売機の横です。待合室でもなく、通路でもなく、目的不明のスペースですが、曲線を描く壁と板ガラスの組み合わせがカワイイではありませんか。

煉瓦橋

東海道本線向日町-長岡京間です。レンガ造りのアーチが連続していて、そのうち2つの穴は道路が通っています。列車に乗っていると絶対気づかない隠れたデザイン。かつて見た碓氷峠のような橋の上を、さまざまな種類の列車が通っていく姿はまさにハァハァ。萌え尽きました・・・

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2006/12/moe-const.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。