姫路駅・改築

2006年11月3日 正午の月齢:12.3  月名:十三夜  潮汐:中潮 月齢:12.3[十三夜] 潮汐:中潮 | 11年前 | 旧暦:2006年09月13日 | 先負
鉄道写真 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は10年以上前のものです。情報が古い場合があります。

訪れるたびに、その姿を変える姫路駅。順次高架化され、残すところは姫新線・播但線のみとなりました。消えてゆく地上駅と成長する高架駅の狭間を見てみましょう。

南のコンコース 喫茶 タイムカプセル 新幹線乗換口

以前のコンコースはどんな感じだったのか、すっかり忘れてしまいました。かつての面影が全く無いくらいに大変身。アイボリーホワイトとダークブラウンの組み合わせが高級感を醸し出しています。ホントに綺麗になりました。さぁて、この綺麗さをいつまで保てるかな。

天井 キオスク

新しいプラットホームはデザイン的に見どころ満載。一般的にプラットホームの屋根の天井部分は配管や配線がむき出しですが、姫路駅は格子状の装飾でオシャレに演出。キオスクも白い壁と電球色の照明でかわいくなってます。名物「えきそば」も同様に変身しました。でもタイムサービスは健在。

姫新線 仮設通路 姫新線終端

残された地上駅部分。姫新線と播但線は仮設通路によって分断されてしまいました。もう完全に別の駅ですね・・・

播但線 旧山陽線上り プラットホームの中身

播但線。特急はまかぜが入線するときだけはエンジンの音が響き渡り、かつての賑わいを取り戻した気がして少しホッとします。しかし、向かい側のプラットホームはすでにレールを剥がされ、屋根も撤去されて廃墟のように。部分的に解体され始めたプラットホームの中からは地層のような模様をを含んだ土砂が見えました。

煉瓦

最下部の煉瓦。何年前からあるのでしょうね。もらえるのだったら、持って帰って庭に敷き詰めたいと考えているけれど、きっともらえないだろうなぁ。長い間お疲れ様でした。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2006/11/himeji-reform.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。